扉用 TIP-ON

快適な加工作業

TIP-ON には扉の目地隙間調整機能が組み込まれており、磨き上げられた技術と快適な調整機能を提供しています。取付に、ブルム特製のゲージをご用意しております。これによって加工作業がさらに簡単になり、TIP-ON の機能を最適に発揮できるようサポートします。

完全に覆ったタイプの TIP-ON ハウジングは、正確に取り付けることができ、TIP-ON ユニットに組み込まれている機能を保護します。

取付位置は、座金の下部から直接転記できます。あるいは、テンプレートを使って取付位置を決定することもできます。

座金を取り付けるには、チップボード ネジまたはシステム ネジを使って、フレクシブルに加工することができます。

エジェクタに付けられているマークは回転方向を示します。1回転(= ストップ位置4箇所)すると、扉の目地隙間が1mm変化します。エジェクタは、定められた調整範囲を超えると回転させることができなくなります。このように外れることなく、常にハウジング内にとどまります。



Asia
Europe
Oceania

ページをシェアする


TIP0199_MO_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1