1940

沿革

1952年以来常に発展

ブルムという名は、イノベーティブな製品、熱意あふれる従業員、そして国際的展開の代名詞です。1952年3月1日、ユリウス・ブルム(Julius Blum)が起業し、最初の製品を世に送り出しました。それは馬の蹄鉄ネジでした。今日私たちは、国際的に展開する家具用金具メーカーのひとつに数えられています。

子会社または代理店設立年の一覧:

  1. 1977 スウェーデン・ブルム、アメリカ・ブルム

  2. 1978 カナダ・ブルム

  3. 1981 ドイツ・ブルム

  4. 1987 イギリス・ブルム

  5. 1989 ノルウェー・ブルム

  6. 1991 フランス・ブルム

  7. 1992 ポーランド・ブルム

  8. 1993 チェコ・ブルム

  9. 1994 ハンガリー・ブルム

  10. 1995 ルーマニア・ブルム

  11. 1996 トルコ・ブルム

  12. 1997 オーストラリア・ブルム、ロシア・ブルム

  13. 1998 ブラジル・ブルム

  14. 2001 東南アジア・ブルム

  15. 2002 中国ブルム

  16. 2005 ウクライナ・ブルム

  17. 2007 メキシコ・ブルム

  18. 2008 カザフスタン・ブルム、ベトナム・ブルム

  19. 2009 インド・ブルム、香港ブルム

  20. 2010 ニュージーランド・ブルム

  21. 2011 北アフリカ・ブルム、ポルトガル・ブルム

  22. 2012 ギリシャ・ブルム

  23. 2016 アゼルバイジャン・ブルム

  24. 2017 スロバキア ・ブルム

  25. 2019 年 ブルム・チュニジア

  26. 2020 年 ブルム・南アフリカ

1952

ユリウス・ブルムが会社設立

1952年3月1日、経験豊かな蹄鉄/車輪工ユリウス・ブルムが会社を設立。最初の製品は馬の蹄鉄固定用のネジでした。

1956年

第1工場の建設開始

へクストに、660m²と8つの自動旋盤を備えた大型の建屋(現在の第1工場)を建設。

1958年

家具のパーツの製造開始

ドア、窓、家具用の ANUBA ヒンジ等の家具のパーツの製造を開始。初の実習生が訓練を開始。

1964年

ブルム・ヒンジの製造開始

カバー付き家具用ヒンジの生産開始。

1965

輸出事業開始

ヨーロッパ圏内で輸出事業を開始。

1966

ローラー式引出用レールの生産開始

ローラー式レールを製造プログラムに採用

1967

初めての国外代理店設置

初めての国外代理店を設置。ケルンで開催された国際見本市 interzum に初めて出展

1970年

職業訓練制度を立ち上げ

オーストリアにある独自の研修施設で系統的な実務教育を開始。

1972年

ヘクストの新工場

ヘクストで第2工場を建設、操業開始。最初の女性が、技術実習を開始。

1976年

第3工場(ヘクスト)

「アレマニア」社の敷地を第3工場として統合。

1977年

TANDEM

新型引出しガイド TANDEM でローラーの代わりにスライド技術を採用。

ブルム社創立25周年:社内報「Blum Blättle」の第1号を発刊。
初の子会社を設立。

ヒンジ MODUL を発売。

1978年

ハイラック倉庫を建設

第2工場にフォアールベルク初の全自動ハイラック倉庫を建設。

1981年

新しい組立機械・ジグ

新しいドリルおよび金具装着装置 MINIPRESS および組立装置 MINIFIX が加工においてお客様をサポート。初めて国際技能競技大会に参加。

1983年

国際技能競技大会で銀メダルを獲得

ブルムの実習生が、リンツで開催された国際技能競技大会で初のメダルを獲得。

1984

アメリカでの製造を開始

アメリカ・ブルムでヒンジおよびローラー式引出用レールの組立を開始

1985年

CLIP ヒンジ

工具を使わずに取り付けることのできる CLIP ヒンジを発表。ケルンの主要な国際見本市であるinterzumで初のソーシャルイニシアチブを開始。

1989年

すべてのお客様にメリットを

「すべてのお客様にメリットを」をブルムの開発理念として掲げる。

1991年

国際技能競技大会で金メダルを獲得

ブルムの実習生が、国際技能競技大会で初となる世界チャンピオンに輝く。

家具用機能ヒンジメーカーとして初めて、品質ガイドラインISO 9001を取得。

1992

ポーランド・ブルムを設立

ポーランドに新しい製造拠点を設立。

1993年

新型ボックスシステム TANDEMBOX

スチール、アルミニウムおよびステンレススチール製ボックスシステム TANDEMBOX およびヒンジ組み立て技術 INSERTA が導入されます。

全開型引出し TANDEM が発売

1994年

オーストリアのモデルケースに基づく研修制度

ブルームUSAがデュアルシステムを導入。

1995年

研修制度における品質基準

国が認定する初の研修先会社となる。

1996年

快適なプラニング

キャビネットのプラニングおよび適切なヒンジの選択を快適に行うことのできる DYNAPLAN の最初のバージョンを市場に導入。

1997年

環境保護規格認証

ブルムは、世界的に認められている環境保護規格認証 ISO 14001 を取得。

全開型引出し TANDEMBOX plus を発表。

1999

CLIP top-ヒンジ

調整を快適に行うことができデザインも好評な CLIP top ヒンジ、ならびに TANDEMBOX に対応するパーティションシステム ORGA-LINE を発表。

2000

収納スペースのプラニング

収納スペースを計画的に構成し利用することが、キッチンにとっての重要なテーマとなる。

2001年

BLUMOTION

引出し、フラップ、扉を柔らかく静かに閉じる減速させる BLUMOTION。

2002年

ブルム創立50周年

ブルムの創立50周年を祝う。

2003年

ブルムのDYNAMIC SPACE

ブルムがスペースの利用と動線の効率化に新しい道を開く。家具アプリケーション SPACETOWER、SPACE CORNER、そしてシンク用引出しを発表。

スタンピングセンターがフースアハ(第5工場)で操業開始。

2005年

新しい製品グループAVENTOS

フラップシステム用金具 AVENTOS、ならびに TANDEM レール用機械式オープニングサポート TIP-ON を、ケルンで開催された見本市 Interzum で発表。

ガイスアウの「Beschichtungen Plangger」社を第6工場としてブルム組織に統合。

1000人目となる。実習生を受け入れ。

2006

SERVO-DRIVE

引出用の電動オープニングサポートSERVO-DRIVE を発表。

ポーランド・ブルムの物流・梱包センターが操業開始

2007年

TANDEMBOX intivo

個別に設計された側壁とドア用の TIP-ON を備えたボックスシステムである TANDEMBOX intivo で製品ポートフォリオを拡大。

2009年

CLIP top BLUMOTION

初の減速させる内蔵型ヒンジを発表。さらに、その他の新製品として 長方形の手すり付き TANDEMBOX antaro、フラップ AVENTOS HK 用メカ式オープニングシステム TIP-ON を発表。

自社所有の鉄道引き込み線を持つ、ドルンビルンの第7工場が操業開始。

2010

フラップ用SERVO-DRIVE

フラップシステムに電動式オープニングサポート SERVO-DRIVE を採用。

ニュージーランド・ブルムを設立

2011年

直線的デザインの側板を持つボックスシステム

ボックスシステム LEGRABOX およびレールシステム MOVENTO ならびに SERVO-DRIVE uno を発表。

2012年

AMBIA-LINE

LEGRABOX 用内部仕切りシステム AMBIA-LINE を導入。ブルムのエネルギーシステムを ISO 50001 に基づき認証。

2013年

「ヨーロッパイノベーターアワード 2013」

当社開発のソリューションである、柔らかく静かに閉じる BLUMOTION が、「ヨーロッパイノベーターアワード 2013」を受賞しました。

ナローキャビネット向けの新しいアプリケーションソリューションである SPACE TWIN を発売。ドルンビルンに新しい研修施設を建設。

2014年

TIP-ON BLUMOTION

機械的な方法のみで、タップによるサポート付き開き動作と静かな閉じ動作を初めて融合。

2015年

4 種類のモーションテクノロジー

機械式と電動式 - 当社の4種類のモーションテクノロジーは、自由に組み合わせが可能。どの居住領域でも、ハンドルレス家具を快適に使用可能。

取り付け/組立業務をデジタルでサポートする、アッセンブリ向けアプリケーション EASY ASSEMBLY をリリース。

各種ボックスシステムおよびレールシステムに使用できる、統一的なロックシステム CABLOXX を発表。

2016年

最新トレンドのためのソリューション

ブルムは、ハンドルレス家具のイノベーティブなシステムパートナーです。

ヒンジの新しいカラーとして、オニキスブラックを市場に導入しました。

2017年

AVENTOS HK top

新世代のフラップ AVENTOS HK top を発表。ドリルおよび金具装着装置用自動ストッパシステムである EASYSTICK を発表。

ブルムは、オーストリア商工会議所より、「2017年度グローバル・プレイヤー賞」を授与されております。

2019年

MERIVOBOX

MERIVOBOXボックスシステムは、すべての要件を満たす引き出しを実現します。洗練された外観と最適化された機能性の融合です。

7月1日から、取締役会が3代表取締役社長 Philipp Blum(フィリップ・ブルム)およびMartin Blum (マーティン・ブルム)、そして Gerhard Humpeler(ゲルハルト・フンペラー)および Urs Bolter(ウルス・ボルター)で構成。

ポケットシステムの製品カテゴリーは、居住エリア全体での開閉を可能にします。2,000人目となる。実習生を受け入れ。初めて、100人以上の若者がブルムでの実習を開始。新しいスタンピングセンターがドルンビルン(第8工場)で操業開始。

2020年

ブルムの研修制度50周年

オーストリアでの系統的研修制度50周年、そしてブルームUSAでも25周年を祝う。



Asia
Europe
Oceania

ページをシェアする


1940