LEGRABOX 用 TIP-ON BLUMOTION

簡単な加工および取付

引出に LEGRABOX 用 TIP-ON BLUMOTION を装備するのは従来通りです。追加加工の必要はありません。加工や取付作業を行う際には、実用的なゲージが便利です。

加工および取付け

標準的キャビネットおよび引出

TIP-ON BLUMOTION は、標準的キャビネットおよび標準的前板に取り付けます。追加加工の必要はありません。

工具を使わずに、簡単に取付

TIP-ON BLUMOTION ユニットも、他のコンポーネントと同様、工具を使わずに取り付けることができます。

いつもと同じ穴開け位置

TIP-ON BLUMOTION の取付は、LEGRABOX の従来通りの穴開け位置で行います。

正確な前板隙間調整

調整用ゲージを使って、LEGRABOX の前板隙間 2.5mm も正確かつ快適に調整できます。

シンクロ機構

シンクロ機構を用いることで、作動反応エリアが拡がり、TIP-ON BLUMOTION の機能性も向上します。各種内のり寸法に対応するために、2種類の同期化方法をご用意しています。どちらも、工具を使わずに取り付けることができます。

内のり寸法 ≥ 294mm

内のり寸法294mm以上の場合、シンクロ機構連結棒およびアダプタを使って、TIP-ON BLUMOTION ユニットを同期化させることができます。

工具なしで取付可能

左右対称の形状を持つシンクロ機構連結棒は、工具を使わずに TIP-ON BLUMOTION ユニットに取り付けることができます。

内のり寸法 245 - 293mm

内のり寸法が小さい場合は、シンクロ機構連結棒およびアダプタの替わりに、一体型のシンクロ機構を使用します。

組立手順書

動画

LEGRABOX 用および MOVENTO 用 TIP-ON BLUMOTION

この動画では、TIP-ON BLUMOTION の各コンポーネントの組立について収録されています。さらに、前板隙間ゲージを使って奥行調節を行う方法がわかりやすく説明されています。

TIP-ON BLUMOTION トレーラー

このイメージトレーラーは、TIP-ON BLUMOTION のテクノロジーを紹介します。取っ手レス家具での利用例、前板隙間の少ない美しい外観、動きの質、用いられている魅力的な技術について紹介されます。

ガイドレール BLUMOTION Sを搭載したLEGRABOXおよびMOVENTO用TIP-ON BLUMOTION

この動画には、TIP-ON BLUMOTIONの各コンポーネントの取付方法が収録されています。さらに、前板すき間ゲージを使って奥行調整を行う方法がわかりやすく説明されています。

Blumのモーションテクノロジー: four for more (フォア・フォ・モア):ドイツのラファエル・ケーニッヒ(Raphael König)との家具職人インタビュー

このビデオでは、家具職人マイスターであるラファエル・ケーニッヒ氏(Raphael König)が、アプリケーションおよび取付状況に応じて、ブルムの様々なモーションテクノロジー(動きの技術)をどのように組み合わせているかを説明します。

LEGRABOXシンク引き出し用TIP-ON BLUMOTIONのショートビデオ

このショートビデオは、LEGRABOX用 TIP-ON BLUMOTION でのU字型切込みを含む機能を紹介しています。

LEGRABOX 用 TIP-ON BLUMOTION のショートビデオ

このショートビデオは、LEGRABOX用 TIP-ON BLUMOTION の機能を紹介しています。

Blumのモーションテクノロジー: four for more (フォア・フォ・モア):オーストリアのダニエル・フラーツ(Raphael König)との家具職人インタビュー

このビデオでは、Hörbranz(オーストリア)のFlatz Ferdinand Tischlerei GmbH社のダニエル・フラッツ氏(Daniel Flatz)が、ショールームで顧客にモーションテクノロジー(動きの技術)の概要をどのように提供しているかを説明しています。

Blumのモーションテクノロジー: four for more (フォア・フォ・モア)、オーストリアの工学士バーバラ・エラート・フートレ(Barbare Erath-Hutle)との建築家インタビュー

このビデオでは、インテリアデザイナーであるバーバラ・エラート・フートレ(工学士、Barbara Erath-Hutle)がBlumの4つのモーションテクノロジー(動きの技術)を使ったユニークなキッチンのデザイン方法を説明しています。

Blumのモーションテクノロジー: four for more (フォア・フォ・モア) :ダニエル・ブルッチャー(Daniel Brutscher)とルディ・オーリンガ-(Rudi Ohlinger)との家具職人インタビュー

このビデオでは、Wangen(ドイツ)のダニエル・ブルッチャー(Daniel Brutscher)とルディ・オーリンガ-(Rudi Ohlinger)が、多くのデザインの可能性を実現する上で、特にモーションテクノロジー(動きの技術)が重要な役割を果たす理由について説明しています。すべてが1つのフローから成り立つことは、家具のパーツの選択において非常に重要です。

組立機械・ジグ

ブルム製品を容易にかつ正確に加工するために、各種ドリルおよび金具打込み機、組立装置、ゲージを提供しています。製品の理想的な動きを確保するためには正確な加工が不可欠だからです。

 加工補助機器セレクタへ
 カタログで開く



Asia
Europe
Oceania

ページをシェアする


TOB0034_MO_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1