DS0341_DS_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1

ワークフロー - シンプルな作業の流れ

ここから、キッチンのプラニングが始まります。

キッチンでの作業は、基本的にいつも同じことが繰り返されているものです。これからキッチンのどこでどのような道具が必要になるか、キッチンのプラニング時点でよく考えておくようにしましょう。そうすることで、とても簡単に動く範囲が小さくなり、ゆわゆる「キッチンでの動線を短くする」ことができます。キッチンのプラニング担当者には、エルゴノミー(人間工学)について考慮して貰ってください。そうすることで、収納されているアイテムをすぐに手に取れるキッチンができあがります。

DS0003

キッチンでの代表的な作業

画像の矢印をクリックし、キッチンのシンプルなワークフローの実例をご覧ください。

朝食の準備

コーンフレークがすぐに手の届くところにあったら素敵だと思いませんか?朝食関連のアイテムをすべてできるだけ近くにまとめておくと良いでしょう。これで、毎朝リラックスして始まります。

こんなに作業が簡単になります:キッチンゾーン

キッチン内部での標準的な行動をもとにして、キッチンを複数のゾーンに分けることができます。これによって動線が短くなります。そしてキッチンアイテムを、実際に使用する場所に保管することができます。

「ストック」ゾーン

ストックゾーンでは食料品を貯蔵します。プラニング段階で、取り出しやすさについて考慮しておくと良いでしょう。

「保管」ゾーン

保管ゾーンには、カトラリー、食器、コップなどを保管します。この近くに食洗機があると、たいへん実用的です。

「シンク」ゾーン

「水回り」の中心は、食洗機およびシンクです。ここに清掃用のスポンジやその他のアイテムが保管できるようにするのが良いでしょう。

「下準備」ゾーン

調理加熱ゾーンとシンクゾーンの間に、キッチン用具など料理の下準備に使用するものすべてを配置します。ワークトップのすぐそばに引出を設け、その引出に必要なものすべてを収納すれば手に取りやすくなります。

「調理加熱」ゾーン

コンロの直近に、鍋、フライパン、フライ返しなどの調理道具を収納し、オーブンプレートやその他のオーブン調理用品は、できるだけオーブンの近くに収納すると良いでしょう。

どんなキッチンでも可能です:最適な作業の流れ

どんなキッチンにも、広さや形状には関わりなくこの5つのゾーンがあります。右利きの方の場合、ストック、保管、シンク、下準備、調理加熱の各ゾーンをこの順番で時計回りに配置します。左利きの方の場合は、この反対に配置します。

「すべての物を簡単に取り出せれば、作業はたいへんスムーズに進みます。全開型引出に実用的なパーティションを使えば、整理整頓がなされ、一目で分かり易くなります。」

取り出しやすさを簡単に実現

扉のかわりに引出とフラップを

収納アイテムすべてを見渡すことができ簡単に手に取ることができたら素敵だと思いませんか?引出とフラップを使えば、屈んだり奥を探したりする必要がなく快適に作業することができます。

屈む必要がありません

引出には、人間工学的なメリットがあります。屈んだり膝をついたりする必要がありません。引出の奥に収納されているものでも、すぐに見つけることができます。前側に収納されているものをどかす必要もありません。

障害物がありません

フラップが上方に動いて邪魔にならずに開きます。そしてどこに収納された食器にも快適にアクセスできます。使いやすくて安全:フラップはどの位置でも静止することができるので、常に両手を自由に使うことができます。

全開型引出

引出全体が引き出せるタイプの引出を使えば、鍋蓋、買置きなどのストック品、保存容器、そして引出の最も奥に収納されたものに到るまで簡単に手に取ることができます。

人間工学的観点で収納

収納位置を決めるには、常時使用するもの、頻繁に使用するもの、まれにしか使用しないものの区別をつけましょう。それぞれを適切な高さに収納します。屈んだり、背伸びしたりする手間を最大限節約することができます。

パーティション

調整自在なパーティションを使って、引出内部を整理整頓。カトラリー、ストック品、小物などを一目でわかりやすく、すぐ手に取れるように収納することができます。ブルムのパーティションには、さまざまな仕様があり、これは、お使いになる引出システムによって異なります。AMBIA-LINE および ORGA-LINE でお問合せ下さい。

BOX1915_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
カトラリーの整理整頓

ステンレス製トレイにカトラリーを見やすく保管することができます。

AMB0134_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
調理用具をいつも手元に

包丁、ピーラー、およびその他のキッチン小物などを、いつでもすぐに手に取ることができます。

AMB0175_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
小物類も一目でわかりやすく

小さな用具も、調整自在なフレームを使って、綺麗に整理整頓できます。

AMB0144_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
調理用具を取り出しやすく

おたま、フライ返し、泡立て器などを、すぐに見つけることができます。

AMB0172_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
鍋と蓋

鍋とそれに合った蓋も、調整自在なクロスデバイダーを使って、すぐに使用できるように収納できます。

AMB0153_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
開封済みストック品も倒れないように収納

滑り止め付きフレームを使えば、小麦粉やパスタも倒れないように収納できます。

AMB0143_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
ゴミ箱用引出を衛生的に

洗剤なども倒れることなく、分別用ゴミ箱と分けて収納できます。

BOX1711_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
お酢やオイルも手に取りやすく

ボトル類やまな板を取り出しやすく引出内に収納。

BOX1102_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
オーブンプレートも取り出しやすく

間仕切りを使って、オーブンプレートを立てた形で収納できます。

AMB0079_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
ラップを意のままに

ホイルカッターを使えば、ホイルやラップを折り目なく引き出し、綺麗にカットすることができます。

AMB0077_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
包丁を安全に保管

大きなものから小さなものまで、包丁差しには9本の包丁を収納できます。

BOX1593_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
スパイスをすべて見分けやすく

スパイスホルダーはスパイスを斜めに保持するので、ラベルが見分けやすくなります。

AMB0187_AA_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1
お皿を滑らないように積み重ね

ブルムの皿ホルダーは、最高12枚のお皿を固定し、取り出しやすく引出し内に保管します。

キッチンアクセサリー

実用的なキッチンアクセサリーを使えば、キッチンでのさまざまな作業がずっと簡単になります。ホイルカッター、包丁差し、スパイスホルダー、皿ホルダーなど、使用する場所で常に取り出しやすく備えることができます。

キッチンアクセサリーの動画を観る

あらゆるアドバイスをリストアップ

キッチンの購入に際し、入念な準備をすることによって、迷わずに決断を下すことができます。弊社のキッチンプラニング担当者が、お客様のニーズに最適なキッチンを構成いたします。ここには、キッチンを新しく購入される際に注意するべき点が記載されています。

Tipps für den Küchenkauf PDF | 460 KB

ページをシェアする


DS0341_DS_FOT_FO_BAU_#SALL_#APR6I_#V1