Pylon

ヘキスト (オーストリア) | 7月 2021

Blumが売上高23億7,675万ユーロを達成

フォアアールベルクの家具用金具メーカーであるBlumが売上高24.7 %増を達成

ヘキストのこの家族経営企業は、2020/2021会計年度の決算を迎えた2021年6月30日、グループ売上高23億7,675万ユーロを達成しました。これは、前年同期比で4億7000万ユーロの増収に相当します。自宅で高品質のキッチンや家具に対する需要の高まりにより、家具用金具専門メーカーBlumの売上は好調に推移しています。しかし、鉄鋼を中心とした原材料不足やサプライチェーンの逼迫が大きな課題となっています。

 

Blumグループの2020年7月1日~2021年6月30日の総売上高は23億7,675万ユーロとなりました。この大幅な増加は、前年同期比24.7%、4億7000万ユーロの増加に相当します。また、新型コロナウィルスのパンデミックによる世界的な家具建築の需要増加は、フォアアールベルクの家具用金具メーカーの売上高を不相応に増加させましたが、これは予見できないものでした。「危機的状況の中、世界中で住宅関連製品の重要性が高まっています。また、個人消費は従来のレジャーからマイホームへとシフトしました。これは、とりわけ、キッチンや家具に対する需要に繁栄されています。」と、Blumの業務執行取締役、フィリップ・ブルム氏は売り上げ増の経緯を説明しています。

国際市場の開拓

ロックダウン中、家具店は長期休業の影響を部分的に受けましたが、住宅および家具部門の需要は世界的に増加しました。西ヨーロッパ市場、特にイタリア、フランス、英国、ドイツで著しい成長を記録しました。また、ポーランド、ロシア、チェコ、トルコなどの東ヨーロッパ諸国でも大きな増加が見られました。また、北米市場も好調でした。また、アジアおよびオセアニア地域でも売上が増加し、中国が再び好調に推移しました。アフリカ、南米、近東および中東も好調な年でした。家具用金具の専門メーカーであるBlumは、120以上の市場でお客様に製品を提供しています。2021年春にBlumインドネシアを設立したことで、世界中に33の子会社と駐在員事務所を持つことになりました。お客様と良好な関係を築くためには、世界中の現地組織やセールスチームの国際的な方向性が、パンデミックの際には特に重要であったとフィリップ・ブルム氏は確信しています。Blumグループの売上高の分布は、前年度に比べて一定でした。「売上高の44 %という大部分は、依然として当社のホーム市場である欧州連合で占められている」とフィリップ・ブルム氏は述べています。米国は、依然としてシェア13 %の最大の単一市場であり、世界のその他の市場は総売上高の43 %を占めています。

成功の鍵を握る従業員

業務執行取締役のマーティン・ブルム氏は、「キッチンや家具、ひいてはBlum製品に対する需要の高さは、喜ばしいことではありますが、特に生産環境においては非常に大きな課題となっている」と指摘します。フォアアールベルク州の伝統的企業である同社にとって、お客様に安全かつ確実に金具を供給することは最優先事項です。「従業員の皆様には大変感謝しています。彼らの驚くべきな取り組みと柔軟性が、この特別な年の運営に大きく貢献してくれました」とマーティン・ブルム氏は強調しています。会計年度末時点で、Blumには世界で8,778人の社員が勤務しており、そのうち6,551人がフォアアールベルクに勤務しています。昨年は、フォアアールベルクで371名、全世界で429名の新入社員を採用しました。Blumにとって、熟練労働者になるために若者を訓練する実習は、熟練労働者の不足を解消し、長期的に会社を将来に向けて配置するための重要な要素であり続けます。9月1日、93名の実習生がフォアアールベルクのBlumで研修を開始し、アメリカで8名、ポーランドで2名の若者が研修を受ける予定です。

フォアアールベルクおよび世界各地域での継続的な投資

過去の会計年度における全世界での投資総額は2億5900万ユーロで、そのうち1億7600万ユーロがフォアアールベルクでの投資でした。このような厳しい時代にあっても、Blumは建物、機械、施設の拡張に絶えず、そして長期的に投資しています。「長期的な設計のおかげで、この予想外の強い需要に可能な限り最善な方法で応えることができました」とマーティン・ブルム氏は言います。ブレゲンツの第4工場の拡張工事は、夏に開始予定です。ガイサウにある第6工場では、すでに生産設備とハイベイ倉庫の拡張に着手しており、2023年半ばに試運転を予定しています。マーティン・ブルム氏は、「当社は、生産拠点としてフォアアールベルクに明確なコミットメントを続けている」と述べています。健全な成長戦略に沿って、Blumグループは世界的な投資により国際的な方向性を強化しています。また、ポーランドでの工場拡張も進んでおり、2023年秋頃の完成を目指しています。中国の生産拠点の建設は、2022年初頭に完了する予定です。「急成長している中国市場の需要に応えるため、現地の生産施設を設立することにしました。これにより、柔軟性が高まり、お客様と良好な関係を築くことができ、長い輸送ルートを回避することができる」と業務執行取締役は説明します。

需要の高さがもたらすもの

キッチンや家具業界をはじめ、他のOEMでも大規模な需要が発生しているため、鉄鋼などの原材料が数か月間にわたって大幅に不足しています。「残念なことに、現在、お客様にも当社製品をお待ちいただいております」とマーティン・ブルム氏は語り、こう付け加えています。「納期を一部調整することで、市場からの急激な需要増に対応できるようになりました。」鉄鋼の価格はほぼ2倍になりましたが、プラスチック、包装、亜鉛、アルミニウムも大幅な価格上昇の影響を受けています。同様の展開は、運輸部門でも見られます。国際的なサプライチェーン全体が圧力を受けており、陸上輸送、海上輸送ともに、価格が大幅に上昇している場合もあります。「現在の状況が非常に厳しいものであっても、サプライヤーとの長年のパートナーシップが、少なくとも一定の安定性をもたらしてくれる」と、マーティン・ブルム氏は確信しています。

イノベーション: 未来への保証

激動の会計年度であっても、製品やサービスの継続的なイノベーションは、未来への保証であるとBlumは考えている。世界有数の見本市であるインターツムの一環として開催されたハイブリッドイベント「Blum CONNECTS」では、Blumはデジタル技術を駆使し、市場組織でのローカルイベントとデジタル要素を組み合わせて、家具用金具メーカーとしてのイノベーションを世界中のお客様にアピールしました。大きな前板を閉じるためのソリューションとしてのポケットシステムであるREVEGOは、さまざまなお客様によって初めて採用され、大小の部屋に個別のデザインオプションを提供します。AVENTOS HKiは、ミニマリスト的デザインで、開いてもほとんど目立たない金具です。Blumは、家具のパーツにおける暗色でメタリックな表面へのトレンドも追随しています。「キッチンや家具をもっと個性的にしたいというお客様のデザインの要望を、金具ソリューションでサポートしようとしている」とフィリップ・ブルム氏は語っています。

次期会計年度への展望

経営陣の予測によると、国際的なサプライチェーンと原材料の供給は今後しばらくの間、逼迫した状態が続くと思われます。「ワクチン接種率の高さもあって、これ以上のロックダウンを免れることを願っている」とフィリップ・ブルム氏は述べています。同時に、ライフスタイルのトレンドとそれに伴う個人消費の変化が持続するかどうかも問題です。フィリップ・ブルム氏にとって、それは明らかでしょう。「この1年半で得た経験は、当社を前進させています。デジタルの可能性は多くの機会を与えてくれますが、直接の会話や交流がかけがえのないものであることも示しました。」 同社は会社全体としては、世界中のお客様から信頼されるパートナーであることを目指しています。

 

 

フィリップ・ブルム、業務執行取締役

マーティン・ブルム、業務執行取締役

Blumグループの本社、ヘキストの第2工場

窓口担当者
Julius Blum GmbH

Julius Blum GmbH

Werk 2

Yvonne Schrott-Greußing

Industriestrasse 1

6973 HÖCHST

ダウンロード
Pylon プレスリリースのダウンロード ZIP | 10 MB


Asia
Europe
Oceania

ページをシェアする