ワークフロー -作業の流れをシンプルに

良いキッチンのプラニングは時間を節約します。

ワークフロー

よく考えてオーガナイズされたキッチンは、動線を短くし時間を節約します。キッチンでの作業の流れを出来る限りシンプルに構成し、必要なものを早く手に取るにはどうするのかを、動画でご覧ください。
動画「ワークフロー」をスタートする

ここから、キッチンのプラニングが始まります。

キッチンでの作業は、基本的にいつも同じことが繰り返されているものです。キッチンをどのように構成するかは、ユーザー様の個人的な習慣によって異なります。例えば、朝、時間がない人なら、朝食の準備に必要なものはすべて手の届く範囲に置いておきたいと思うのが普通です。全般的に言えること:動線を短くすることは難しいことではありません。人間工学的な考え方をすれば、やがて、すべてがすぐに手に取れるようになります。

どんなキッチンでも可能です:最適な作業の流れ

典型的なキッチン内での行動

キッチンのプラニングの際に、すでにワークフローが最適になるように考えておけば、あとは紐をたぐるように上手く行きます。スライドショーのアイコンをクリックし、シンプルなワークフローの実例をご覧ください。

食洗機からの食器の取り出しおよび収納

整理整頓が命です。食器を収納するのに、誰でも動線を短くしたいと思っています。食洗機のすぐそばに食器の収納スペースがあるなら素晴らしいです。

食洗機を迅速に効率的に片付け
スライドショー:食洗機からの食器の取り出しおよび収納を短い動線で

朝食の準備

コーンフレークがすぐに手の届くところにあったら素敵だと思いませんか?朝食に必要なものはすべて、近くに集めて収納。これで、毎朝がリラックスして始まります。

朝食を手早く簡単に準備
スライドショー:朝食の準備でも、必要なものがすぐに手に取れます。

加熱調理をする。

こうして、食事というものに使える時間が増えます。加熱調理に必要なものすべてをコンロのそばに収納しましょう。例えば、鍋やおたまはコンロ下の引出しに収納します。オイルやスパイス類はそのわきの引出しに。

楽にシンプルに調理
スライドショー:加熱調理に必要なものは常に手の届く範囲に。

こうして作業が楽になります。キッチンゾーン

あなたが、あなたのキッチンでの日常における習慣をキッチンプラニング担当者に伝えると、そこからキッチンのプラニングが始まります。担当者がキッチンの作業範囲ごとに分割します。私どもがゾーンと呼んでいるものです。これにしたがって、必要なものが必要とされる場所にあるという状態にキッチンを導くことができます。

キッチンゾーンのコンセプトは、どんなキッチンでもその効率化に役立ちます。

アクセスの良さを組み込みます

全開型引き出し

全開型引き出し

全開型の引出しで、引出し内部へのアクセスを最適化しましょう。これで、見通しが良くなり、引出しの隅々まで良好にアクセスできます。

内部仕切りシステムとキッチンヘルパー

人間工学の領域

収納物は使用頻度にしたがって配置

一定の収納物は、他のものよりも頻繁に使われる傾向があります。頻繁に使用するものは、手の届きやすい高さに収納しましょう。あまり頻繁に使わないものは、最上部や最下部に収納します。

扉のかわりに引出しとフラップを

スタートページへ戻る
More...
日本 (Japan)
 
検索結果をロードしています...
しおりリスト

Top of Page